痛みは取れてからからが大事!

こんにちは!

やまびこ整骨院です。

昔のことなのですが…

とても痛いおもいをした話をしたいと思います。

今から25年くらい前の事ですが、
サラリーマン時代に酷い坐骨神経痛を
患った事があります。

今でも思い出すと、身の毛もよだつような痛みで、
痛い思い出として蘇ってきます。

突然、動けないぐらいの痛みで、ちょっとでも
動こうとすると腰からお尻、足の指の先端まで痺れと、
激痛でピクリとも動くことができなかったですね。

トイレも四つん這いでかろうじてなんとか、汗
びっしょりになりながら、やっとのおもいで辿り
着いて用をたっしたのを思い出します。

このブログを持てる方のなかで、過去にこのような痛い
思いをした方は、多いのではないでしょうか?

この時は、どうしようもない痛みと痺れで、当時は
このままでは歩けなくなるのではと思いました。

兎に角、痛みを取ってほしいと思いますよね。

わたしも、このような患者さんを多く診てきました。

治療をさせていただいて、良くなっていくことが
治療家冥利に尽きるのですが、その後のケアという
ことも重要と私は思っています。

多くの方は、痛みが急に無くなると、今までの痛かった
記憶が薄れて、もう大丈夫だろうと思ってしまい、症状に
よってご指導させていただいてるストレッチを辞めてしま
ったり、治療も中途半端になってしまい、また元の悪い
日常習慣に戻ってしまうことがあるかと思います。

自分のことも書きましたが、本当に多くの痛みの原因
や痛みを悪くするのは、生活習慣が大きく関係します。

痛みを繰り返してる方は特に、日常習慣の問題点を
解決しないとなりません。

このブログを見ていただいてるあなたも、痛みを
感じたら、それを取り除きたいと思っているでしょう。
そして、その先に痛みがなくなれば、快適に過ごし、
やりたいことなどがあることでしょう。

例えば、気持ち良くゴルフをしたい、毎週楽しみに
してるテニスをしたい、バリバリ仕事をしたい、腰痛を
気にせず育児がしたい等など…

私も治療にきていただいた方の痛みを取り除くとともに、
その先にある痛みが無くなったらやりたいことができる
状態になるまでなんとかしたいと思って取り組んでいる
つもりです。

また、治療以上に大事なのが、治療中にお教えする
ストレッチや生活習慣の改善などを出来るだけやって
もらうことが大事ですね。

治療も痛みが取れただけで辞めるのではなく、痛みが
再発しないところまでケア出来るといいと思いますし、
さらに、メンテナンスとしてのアフターケアはその後の
生活にとって重要だと思います。

治療以上に大事なことは、あなたが痛みを出さない習慣を
身につけるところまで、私もお手伝いができて、あなたが
その後の生活でご指導させていただいたことを実践して
さらに良くなってもらうことができればいいなと思って、
今日は終わりたいと思います。

なにかのご縁でやまびこ整骨院にきて下さった方には、
出来ればここへ来て良かったと思ってもらえると嬉しい
ですね。
では、今日も一日頑張っていきましょう!

関連記事

  1. 雨の日の偏頭痛はつらいですね

  2. 痛みは血流不足による酸欠が原因!

  3. 痛みを取り除くのは『手当て』が基本!

  4. 天気が悪い時は体も気分も絶不調

  5. 筋膜の痛みは結構つらいよ〜

  6. 痛みはそのままにせずに早めに対処しましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。